早稲田 傾向


【早稲田大学 文学部・文化構想学部 英語】傾向と対策 講師 横山雅彦先生

岡本さんの体験談から次の実情が推測できる。

早稲田女性は学歴でモテないのではない。

学生間では高田馬場も含めて早稲田一帯と見なす傾向がある。

穴八幡神社は、江戸時代から流鏑馬が行われていた。

現在は、10月10日に近くの戸山公園で行われている。

「一般的に三田会は同窓会組織として結束が強い傾向があるが、早稲田三田会も会員同士の自由な結束を旨として友好を深めている」と武田教授は話す。

ポジティブな発想が出やすい傾向があるんです。

この傾向が、今は昔より強くなっているかもしれません。

早稲田は学生の優劣の差が激しいですね。

背景には、慶應ほど同調圧力が強くないという校風もあると思います。

「一般的に慶應生は自分を宣伝しない。

空気を読んで発言するタイプが多いですね。

対して早稲田生は自己宣伝能力が高く、パフォーマンスが得意な傾向があります。

問題のひっかけにまんまとひっかかってしまう傾向にあるようです。

勉強はもちろん頑張りますが 暗記物のピークはあくまでも早稲田の受験日に持っていこうと思います。

そのうち6冊以上読む学生も14%いる。

早稲田の学生というと、 授業への興味の度合いが少なくなる傾向が見えるが、6冊以上読む学生は、どの層にも同じ程度いる。

語学、ゼミ、テーマカレッジなどなど、早稲田には多彩な授業があるけれど、 先生とコミュニケーションをとらない傾向にある(グラフ1)。

ダイバーシティ推進室 多様な個性が集う大学 「早稲田らしさ」のこれから 本学のみならず日本の教育・研究全体に見られる傾向であり、さらには政治や実業の世界も共通して抱える課題です。

それらが適正価格に収束していく傾向を利用して利益を得るわけで 高いリターンを維持するためにリスクの大きい投資に向かう傾向が強 傾向があります。

複雑なトレーディング戦略やハイリスクの投資機会を敬遠する傾向にあります。

監査役会の在り方など企業内部の「仕組み」を問題視する傾向が見られます。

もちろんそれは日本企業が直面する基本的な課題です。

この傾向について「自然災害の巨大化や頻繁化は一時的な現象ではない。

今後100年は続く」と語っています。

こうした背景から、災害リスクに対する保険会社の意識は高まる一方です。