年金 試算


年金計算

月約33万円(夫婦世帯)と試算した。

現在の年金制度の基本となっている60歳退職、65歳受給開始では約22万円で、約1.5倍。

しかし、今年の10月17日に厚生労働省が今国会に提出され、11月25日に衆院厚生労働委員会で強行採決された年金カット法案を仮に過去10年間に適用した場合の年金受給額の試算結果を公表しました。

70歳まで遅らせた場合の年金水準の試算を厚生労働省が初めてまとめ、2日の社会保障審議会年金部会で公表した。

5年前の前回検証でもオプション試算を実施している。

日本の公的年金は、現役世代が支払う保険料で給付を賄う「仕送り方式」。

この試算により、年金カットの新ルールが、世代間公平の向上や年金の最低保障機能の回復にとって、役に立たないことが改めて確認された。

年金博士が試算!現在50歳女性は68歳まで年金を貰えない! 2/21(木) 6:05配信 将来の年金制度を支える積立金。

次の「財政検証」でも、同様のケースが試算される見込みだ。

これから、年金をもらう世代を襲うのは、受給額の減少だけではない。

年金見込額を試算することができます。

例えば70歳で退職して年金をもらい始めた場合、月約33万円(夫婦世帯)と試算した。

以上減少する可能性があるという試算を、IMF=国際通貨基金が示しました。

3人で支えなければならないという試算もあります」という。

そこで気になる年金原資だが、保険料、年金の剰余金である積立金、国庫負担からなる。

厚生労働省は納めた年金保険料に対し給付額がいくらになるかを世代ごとに試算した結果を発表。