会計 良書


会計のことが面白いほどわかる本/天野敦之 簿記2級3級受験者オススメ本

先日、「会計の世界史」という本を読みました。

世界史・音楽・アートにからめて会計の歴史をエンタメチックなアレにしてある良書です。

見出しの、「数字の苦手な私でも各企業の戦略がスッと入って来た」「会計の本ではなく、 持ってこいの良書。

「会計」についての知識をわかりやすく教えてくれる良書です。

しかも、身近な企業を事例に出すなど、読んでいてイメージしやすく、腑に落ちやすかったです。

そのほかに起こりうる様々な危険について知れる良書です。

(『1億円大家さん姫ちゃん アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。

難しいものではないと教えてくれる良書だと思う。

会計をもっと学びたくなりました。

感謝です。

《 目 次 》 ・経営 ・マーケティング ・人事・労務 ・会計・税務 ・投資・運用 ・鈴木敏文語録 田坂本は全て良書です。

) ・内側から見た富士通 (成果主義崩壊の生々しい現実。

「速習テクニック」までのアドバイスが書かれている良書です。

ちなみに時期に合わせて可能な相続税対策を教えてくれる良書 (応募資格は税理士事務所または会計事務所の経験者のみ) または誰か紹介してください。

社会全体を含めて日本の構造的な課題を取り上げた良書だ 会計は、会社の「現在地」を知るために必要なスキルセットです。

誰もが手に取りやすいコンパクトな良書の中から仕事に使える本を厳選して紹介していく。

『ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書』(安本隆晴著) こちらも良書。

なんと言ってもベテランの監査役が、ズバリ、どの数字をどう見ればいいのか、教えてくれます。

選書に定評のある情報工場が厳選した良書を紹介する本サイト。

私がレジで会計していたところ、その新人が会計担当でオーナーから教わっていた。