マント スーツ


信じられません

ポルトガルの大学生が新入生歓迎の行事や卒業を祝う行事で、大学の制服であるスーツの上からマントを着用することがある。

虹色のマントだった――。

“超大型巨人スーツ”や“エレンヘアー”、“調査兵団マント”、アクセサリー“立体機動装置”が新たに登場するとのこと。

またこの上着と共布のズボンからなる一揃いのスーツのこと。

『ダークナイト』から引き続き着用しているスーツは、各アーマーパーツも細かく分割され、生地素材を使用した着脱可能なマントと共に、質感がリアルに演出されています。

スーツ誕生前の男性服 15世紀~17世紀半ば ルネサンス期になると、ダブレット(丈の短い上着。

キルティング地)とホウズ(半ズボン。

のちのブリーチーズ)が流行した。

制作しようと思っているパーツは ・マスク ・スーツ ・マント ・ダークバイザー です。

一応、今年の12月~来年1月に完成出来たらな、と思っております。

金色に輝くスーツを再現している。

武器の牙狼剣や着脱できる布製マントなどが付属。

また、付属の頭部パーツを使うと、先々代の赤い瞳の黄金騎士ガロ(冴島大河)も再現できる。

今回のものは立体縫製にはなっていませんが、ある程度肩口に向けて絞って あり、マントっぽいイメージに近づいていると思います。